MENU

大谷翔平は通訳をなぜ必要とするのか?現在の英語力がヤバ過ぎる!

大谷翔平さんは、2017年日本ハムを退団しエンゼルスに移籍しました。

エンゼルスに移籍後は、水原一平さんが専属通訳になり大谷翔平さんをサポートしていました。

大谷翔平さんは、アメリカでの生活が長いのになぜ通訳が必要なのか?英語が話せないのか?現在の英語力と併せて調べてみました。

目次

大谷翔平は通訳をなぜ必要とするのか?徹底解明!

大谷翔平さんは、2017年エンゼルスに移籍し、2023年12月ドジャースと10年契約を結びました。

ベンチで海外の選手と談笑をしている姿も見かけるにも関わらず何故通訳をつけているのか?疑問に感じますよね。

大谷翔平さんがなぜ通訳を必要とするのか理由を調べてみました。

大谷翔平が通訳を必要とする理由①:野球に専念する為

大谷翔平さんが通訳を必要とする理由1つ目は、野球に専念する為です。

大谷翔平さんは、6シーズンにわたってメジャーでプレーしており試合映像をみても通訳を介さずチームメイトとコミュニケーションをとることができています。

そんな大谷翔平選手ですが、英語の細かなニュアンスの使い方に慎重になっており通訳を必要としているようです。

野球に専念する為に、技術面、体力面、健康面等様々なケアが必要です。

大谷翔平さんは、ニュアンスの違いで誤解を招くことはしたくないとのお考えのようですし相手への気遣いの天才と感じました。

英語は通訳に任せて、野球に専念し今後の更なる飛躍を期待しています。

大谷翔平が通訳を必要とする理由②:マネージャーの役割

大谷翔平さんが通訳を必要とする理由2つ目は、マネージャーの役割です。

メジャーへ移籍した選手に付く通訳は、会話の通訳だけではなく他にもマネージャー的役割を果たしているようです。

通訳のマネージャ的役割

・他の選手と積極的にコミュニケーションをとってその選手がチームに馴染めるようアシスト

・選手と一緒に渡米した家族の私生活をもサポート

・一緒に練習に付き合ったり、食事をしたり時間を共有する

・何かあったら自分が盾になるボディーガード

・運転手や買い出し

通訳の役目として、大谷翔平選手のサポートはもちろん家族のサポートも行います。

例えば、家族を遠征先での案内、観光地に案内したり、家族が通院したい時のサポートも行います。

通訳は単に通訳だけ行う訳でもなく、生活面のサポートやメンタルケアまで多岐に渡るので選手を支える大きな役目だと感じました。

大谷翔平が通訳を必要とする理由③:複雑な手続き

大谷翔平さんが通訳を必要とする理由3つ目は複雑な手続きがあるからです。

契約の書類等専門用語を多く使う内容は解釈が難しく通訳を必要とする場面もあるようです。

通訳の水原一平さんが違法賭博に関与しており解雇されました。

この違法賭博に大谷翔平さんが関係しており水原一平さんが身代わりになっている説もあり注目されているようです。

大谷翔平の現在の英語力がヤバ過ぎる!

大谷翔平さんは、メジャーでの生活も長くなり英語力がかなり身についたと言われています。

現在の大谷翔平さんの英語力について調べてみました。

MVP賞スピーチ

MVP賞スピーチの際、大谷翔平さんは特に通訳を介さず、スムーズに英語でスピーチできていました。

カンペを見ているようで、下を向きながら話していたようです。

メモを読み上げていた理由として、感謝の気持ちを伝えたい方に伝え漏れがないようにメモを見ながらスピーチしていたと言うエピソードを耳にしました。

きちんと読み上げていたので、かなり練習していたことと思います。

SNSでは、『発音もイントネーションも完璧!』と言う声が多数ありました。

チームメイトとの会話

大谷翔平さんは、チームメイトとスムーズに会話できていて、ジョークも交えているように見受けられます。

通訳を全く介していない場面も、普通に英語がスムーズに話せているのが分かります。

日常会話は問題なく話せますし、不自由なくコミュニケーションが図れる英語力をお持ちのようです。

もうすぐ通訳がいらなくなる?と噂されるレベルのようです。

大谷翔平さんは、かなりの英語力が見についていることが分かりました。

正式な場は誤解を招かぬよう通訳を介しますが、持ち前の英語力を生かしたスピーチをまた聞ける日が待ち遠しいです。

まとめ:大谷翔平は通訳をなぜ必要とするのか?徹底解明!現在の英語力がヤバ過ぎる!

大谷翔平さんが通訳を必要とする理由をご紹介しました。

アメリカでの生活も長くなり現在の英語力は堪能になってきているようですね。

今後も、大谷翔平さんの更なる活躍を応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次